アフターピル服用後の生理は重くなる?

薬の瓶を持っている医者

アフターピルというのは緊急的に避妊をするための薬なのですが、服用して3日程度で出血が起こることになります。
この出血はアフターピルでホルモンの調節をして子宮内膜が剥がれ落ちたことが原因であり、これが起きた場合は避妊に成功したということです。
いつ出血が起こるのかは個人差もありますが、1週間以内に出血が起こることが多くなっています。
ちなみに、3週間経過しても出血が起こらなかった場合、妊娠の可能性もあるので病院で検査を受けると良いでしょう。
出血の量は排卵日によっても変わってくるとされており、排卵日の直後に服用すると子宮内膜が少ないので出血量は少なくなりますが、排卵日から日数が経過していると生理と同じように出血があります。
生理が終わったばかりだとこの出血が起こらないこともありますし、緊急避妊をした時期によってはなかなか出血が起こらないということもあります。
出血が無いからといって避妊に失敗したということではありませんが、出血が無いと失敗している可能性もあるので注意しましょう。
アフターピルの服用後に排卵出血や着床出血などが起こってしまうこともあります。
生理後2週間程度で排卵が起こり、その際に出血が起こるのが排卵出血となっています。
これは排卵時に子宮内膜の毛細血管が切れてしまうためであり、生理と比べて出血量は少なくなっています。
着床出血は受精卵が子宮に着床したことによって起こる出血のことであり、生理予定日の3~5日前に起こることが多いです。
アフターピルを服用してから3日以内で出血が起きた場合、婦人科系の病気や子宮外妊娠などの可能性もあります。
不安な出血が起きた場合は病院で診察を受けると良いでしょう。