アフターピルを飲んだら生理は早まる?遅くなる?

薬と水のグラス

アフターピルを飲んだ後、妊娠を防ぐことに成功すると消退出血が起こります。
これは生理と同様のものですが、アフターピルを飲んだことで起こったことがわかりやすいように消退出血と呼ばれています。
これは人工的に生理の経血となる子宮内膜を剥がしたもののため、実際は生理ということはできないでしょう。
生理は排卵した卵子が受精して着床しなかった時に不要になった子宮内膜を剥がすことで起こります。
アフターピルを服用して消退出血が起こった場合には、消退出血が起こった1日目を生理の1日目として数え、通常の生理周期によって生理が起こることがほとんどです。
消退出血はほとんどの人がアフターピル服用後、1週間~3週間ほどで起こります。
この消退出血を生理だと考えれば、生理は早まると言えます。
アフターピルはホルモンのバランスを大きく崩して生理を起こしてしまうため、このリズムがなかなか元に戻らないことがあります。
通常3か月ほどで元のリズムに戻ると言われていますが、もともと生理不順だった人などは元のリズムに戻るまでに数か月かかってしまうと言われています。
また、アフターピルを服用後に消退出血が起こった場合、その次の生理は通常のものよりも経血の量が多くなったり、生理痛が酷くなる可能性が高くなります。
この期間はあまり無理をしないようにすることも重要です。
一度アフターピルを服用後、自然なリズムが回復して生理が起こるまでに再び避妊に失敗してアフターピルを服用した場合にはさらにホルモンバランスが崩れて自然なリズムで生理が起こるタイミングがだんだんと遅くなってしまいます。
体調にも大きな影響を与えてしまいかねないので、きちんと避妊を行うようにしましょう。
普段から避妊をするためにはピルを服用するのが良いでしょう。
最近では副作用の少ない低用量ピルというものがあり、毎日服用しても負担が少なくなりました。
その中でもさらに副作用が少ない超低用量ピルというものも登場しました。
超低用量ピルで有名なものがヤーズです。
超低用量ピルのヤーズは避妊効果に加えて、月経困難症の改善にも使用されます。
またピルの副作用でよく出る、むくみの副作用も軽減されています。
しかしここで注意していただきたいことがあります。
ヤーズには排卵を抑制する効果があるのですが、避妊目的での使用が認められているのは海外だけで、日本ではまだ認められていないのです。
ヤーズが日本で認められているのは月経困難症の改善での使用のみとなっています。
そのため、もし避妊目的で使用する場合は自己責任となるので注意しましょう。
普段からヤーズを服用し、もし避妊に失敗したときはアフターピルを服用するようにすれば、避妊で悩むことはなくなるでしょう。