お知らせ

アフターピルとは、危険日にセックスをして、避妊に失敗をした時に、服用する緊急用のピルの事をいいます。
避妊に失敗をしたと思えば、できるだけ早く飲むことが、避妊の確率を上げます。
必ず、失敗に気がいてから72時間以内にアフターピルを飲む必要があります。
24時間以内で約95%、72時間以内で75%の避妊確率があると言われています。
種類は、最初に2錠飲み、12時間後にさらに2錠を飲むヤッペ法と2011年日本で発売を許可されたレボノルゲストレルがあります。
ヤッペ法は12時間後の飲み忘れの危険があるのと、吐き気が強い欠点があります。
最近は、吐き気も少ない、飲み忘れも少ないレボノルゲストレルがよく使われるようになっています。
アフターピルを飲むと、排卵が遅れたり、受精しても受精卵が子宮に着床するのをふせいだり、精子その物が子宮頸管を通りにくくすることで、妊娠を防ぎます。
アフターピルを飲むと、妊娠しなかった場合、排卵日前なら、数日後に出血が起こります。
アフターピルにより、子宮内膜がはがれおちるからで、このことにより妊娠が成立しなかったことが分かります。
排卵後に服用した場合は、次の生理予定日が来るころ、大体3週間後に次の生理が来て、妊娠が成立しなかったことが分かります。
生理直後の場合は、次の整理より1週間ほど、生理が遅れる場合もあります。
したがって、ほとんどの場合アフターピルをのんで数日後から3週間以内に妊娠回避が出来ていれば生理が来るのです。
ただ、出血量が極端に少ない場合は、妊娠して不正出血をしている場合もありますし、3週間以上過ぎて生理が来なければ、妊娠が成立している場合もありますので、必ず妊娠検査薬で検査をしてみましょう。